【危険!】電話占い依存症、どうやって抜け出す?

電話占い依存症

電話占いが大好きでハマってしまった!という人はいませんか?

占いがよく当たったり、相談しやすい占い師を見つけると、ついつい何度も電話をかけたくなりますね。

 
しかし楽しく利用できている間はいいのですが、度を越して使いすぎてしまうと「電話占い依存症」になってしまう危険性もあります。

電話占い依存症になると、「なんでも占ってもらわないと不安」「借金を作ってでも占ってもらいたい」といった異常な精神状態になり、もはや楽しく利用しているとは言えません。

 
もし電話占い依存症になったら、どうやって抜け出せばいいのでしょうか?電話占い依存症になった時の対処法や、ならないための対策を以下で紹介します。

どうして依存症になるの?


そもそも依存症とは、どうして起こるのでしょうか?依存症の仕組みについて見ていきましょう。

依存症とは?

「依存症」とは、特定の物事にのめり込み、日常生活に支障をきたしているにも関わらず、自分の力だけでは抑制できない状態のことを指します。

依存症の人には、強迫的(やらずにはいられない)、反復的(やめられずに繰り返す)、衝動的(思い付いたら、すぐ行動してしまう)、貧欲的(こだわり、追求し、執拗に追い求める)といった特徴がみられます。

 
依存症は「物質依存」、「プロセス依存」、「関係依存」の3つに分類できます。

  • 物質依存
    特定の物質を摂取することで、快楽や刺激を得て、その物質に執着・依存する。
    (例)アルコール、たばこ、薬物など
  • プロセス依存
    ある行為をする過程で得られる興奮や刺激を求めて、その行為に執着・依存する。
    (例)ギャンブル・買い物・盗癖・ネット・浮気など
  • 関係依存
    人とのつながりを求め、特定の人との歪んだ人間関係に執着・依存する。
    (例)女性依存・男性依存・DV・ストーカーなど

 
これらの3タイプは併発したり、1つの依存症を抑制することで、新たに別の対象に依存し始める場合もあります。

電話占い依存症は「プロセス依存」に分類されますが、一人の占い師に固執してしまい「関係依存」を併発する可能性もあります。

依存症による症状は?

依存症になると、色々な問題が付いて回ります。

(1)身体上の問題

アルコールやタバコ・薬物の依存による過剰摂取は、言うまでもなく身体に悪影響を及ぼしますが、それだけではありません。

依存している行為を制限されると精神的な苦痛に繋がり、「禁断症状」を引き起こします。

 
禁断症状には、イライラ、不安、不眠、手指の震えなどがあり、うつ状態になることもあります。

(2)人間関係の問題

依存症になると自分の感情をコントロールできなくなり、人間関係に支障が出てきます。

暴言や暴力、生活習慣の乱れによって一緒に生活する家族が疲れはて、離婚につながるケースもあります。

(3)社会的問題

依存症による身体的症状や人間関係の問題は、日常生活にも影響を及ぼします。

言動や生活習慣の乱れによって周囲からの信頼がなくなり、家族や親しい友人を失ったり、失職によって社会から孤立してしまう可能性もあります。

 
住居・雇用・金銭をめぐる社会的トラブルも生じやすくなります。

 

電話占い依存症になると、どうなる?


上では、依存症の怖さについて紹介しました。では、「電話占い依存症」になると、どのようなことが起きるのでしょうか?

【知っておきたい】電話占いのメリット・デメリットは?

最近話題になっている「電話占い」をご存知ですか?占い好きの女性なら、一度は利用したことがあるかもしれません。 電話占いはその手軽さから近年利用者が増加していて、 ...

(その1)精神的に不安定になる

電話占いの依存症になると、「何でも占ってもらわないと不安」といった心理状態になります。

占いの結果に囚われてしまい、「もし占いと違う結果になったらどうしよう?」など、本来の悩みとは違うことで悩んでしまいます。

 
常に不安感があり感情が安定せず、小さなことでも自分で決断できなくなります。

(その2)料金が払えなくなる

依存症になると自分では歯止めがきかず、料金が払えなくなるまで電話占いを使ってしまう人もいます。

支払が遅れると1日ごとに利息が付くため、支払額がどんどん膨らんでしまいます。

 
料金の滞納があると利用できなくなる電話占いサイトがほとんどですが、「借金をしてでも電話占いをしたい」という人までいます。

(その3)人間関係の悪化

常に不安を抱えながら生活していくことでストレスが溜まり、周囲との人間関係が崩れていきます。

また電話占いに執着する姿が周りに理解されなかったり、家族や友人との間で金銭トラブルが起こり、孤立してしまう場合もあります。

(その4)マインドコントロールの餌食(えじき)に

同じ占い師に何度も電話をかけていると、「この人は依存症になっているな」と相手にばれてしまいます。

「依存症じゃない?助けてあげましょうか?」などと甘い言葉を投げかけ、今度は自分に依存するようにけしかけます。

 
電話占いの依存から占い師への依存になると、「電話占いは高くなるから」と直接会うことを勧められたり、「使いすぎないように」などと占い師にお金を取り上げられる場合もあります。

「この占い師がいないと自分は不幸になる」と思い込ませる、マインドコントロールに繋がります。

電話占いで占ってもらえないことがある?

電話占いでは、色々な種類の占いをしてもらえます。 気軽に占いをお願いできるため人気の電話占いですが、実は「占ってもらえない相談」もあるのをご存知でしたか? &n ...

 

電話占い依存症を抜け出すには?


電話占い依存症になってしまったら、どうやって抜け出せばいいのでしょうか?

徐々に回数を減らす

物理的に電話占いができない環境にしようと、いきなり電話占いサイトを退会する人もいます。

この方法で依存症から抜け出せる場合もありますが、「利用回数を減らす」ことから始めるのがおすすめです。

 
電話占いサイトを退会したものの、どうしても電話をしたくなることもあるでしょう。

この時にまた会員登録をすると、「やはり自分には無理だった」と自信をなくし、依存症からの回復を諦めてしまう危険性もあります。

 
「今週は何回まで、来週はもう少し減らそう」といった小さな目標の方が、ストレスなく依存症から抜け出せます。

自分で決断する癖をつける

占い師に電話したくなったら、「何を相談するのか?」をもう一度思い浮かべてみましょう。

その問いに対して、「自分はどうしたいのか?」「どうしてそう思うのか?」を考えてみてください。

 
電話占いに依存すると、何かを決めるときに他人の意見に頼りがちになります。しかし、自分で決断する能力がなくなったわけではありません。

自分で決断する癖をつけると、「占い師に頼らなくても大丈夫!」という自信に繋がります。

違う楽しみを見つける

特に趣味がない人は、部屋でボーっと過ごす時間が多く、あれこれ悩んでしまいがちです。

夢中になれる趣味を見つけると、くよくよ悩む時間や、電話占いに使う時間を物理的に減らすことができます。

 
もともとインドア派の人は、無理に出かけたり、スポーツをする必要はありません。料理や読書など、少しでも興味のあるものに挑戦してみましょう。

心理カウンセラーに相談

どうしても自分一人では解決できないと感じたら、心理カウンセラーに相談しましょう。

精神科や心療内科のほか、病院によっては「依存症専門外来」を設置しているケースもあります。

 
月に数回通院し、診察・投薬を受けるほか、治療プログラムに参加することもできます。

専門的なアドバイスを受けることで、より確実に依存症から抜け出すことができます。

【電話占い詐欺!】悪質な被害にあわないための3つの方法は?

気軽に楽しめる電話占いですが、一部に悪質なサイトや占い師が存在することも事実です。 「占い内容が少し期待外れだった」程度であればいいものの、お金を騙し取られたり ...

 

電話占い依存症にならないために


もしかして電話占いを使い過ぎ?と思ったら、依存症になる前に手を打ちましょう。

占いを過信しない

占いは当たることもあれば、外れることもあります。たとえ占いで言われたことと違う結果になっても、不安に感じる必要はありません。

「期待する結果が聞けるまで複数の占い師に電話をしてしまう」、「占いが外れると不安になって、もう一度占ってしまう」という人もいますが、あまり度を過ぎると依存症になってしまいます。

 
占いの結果は「そうなる可能性がある」のように、軽く受け止めてください。過信しすぎず、参考程度にとどめておきましょう。

利用料金や利用時間の上限を決める

「1週間に何時間まで」、「1か月に何円まで」といった上限を決めると、電話占いの使い過ぎに気付きやすくなります。

前払いができる電話占いサイトなら、先に1か月の上限に決めた金額を振り込んでおいて、それ以上は使わないようにするのもいいでしょう。

 
もしクレジットカード決済などを利用していて、自分が電話占いでいくら使っているか把握できていない人は、支払方法を変更するなどの工夫をしましょう。

心の状態を整える

規則正しい生活やバランスの良い食事を心掛けることも、電話占いに依存しないためには大切です。

占いと関係ないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、規則正しい生活やバランスの良い食事は、心の状態を整えるのに役立ちます。

 
夜更かしや偏食など、身体に負担をかけるような生活を続けていると、ホルモンバランスが乱れ、ストレスも溜まりやすくなります。

メンタル面に不調をきたすと、ささいな事で深く悩んでしまい、電話占いに頼りたくなってしまいます。

 
疲れやストレスを感じている時は、ため込ますにリフレッシュするよう心掛けましょう。

 
ここまで電話占い依存症について紹介しました。電話占いは適度な利用であれば依存症になることもなく、楽しく利用できます。

以下では、おすすめの電話占いサイトを紹介していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

この記事のまとめ

  • 依存症は「物質依存」、「プロセス依存」、「関係依存」の3つに分類できる
  • 電話占い依存症は「プロセス依存」に分類されるが、「関係依存」を併発する場合もある
  • 料金が払えない、人間関係が悪化するなどのトラブルに繋がることも
  • 電話占い依存症を抜け出すには、徐々に回数を減らしたり、自分で決断する癖をつけると良い
  • 利用料金や時間の上限を決めたり、心の状態を整えることも大切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です