実は誰にでも当てはまる?占いのカラクリとは!

占いのカラクリ

日本は占い大国と呼ばれています。

テレビや雑誌・新聞の占いコーナーだけでなく、神社のおみくじやお菓子のパッケージにも、生活の色々なところで占いを見かけます。

 
これだけ占いが一般的になると、「占いは誰にでも当てはまる事しか言わない!」という噂も出てきます。

果たしてこれは本当なのでしょうか?今回は占いの裏側(カラクリ)をのぞいてみましょう。

特殊能力がなくても占いはできる!


「占いは特別な能力を持った人にしかできない」とイメージしがちですが、実はそんなことはありません。

占い師の中には強い霊能力を持つ人もいますが、そういった力が全くない占い師もいます。

 
霊能力のない人でも占いができるとは、どういうことでしょうか?

占いの本質は「信じ込ませること」

テレビで見かける星座占いは、占い師が監修している場合がほとんどです。

しかし冷静に考えれば、同じ星座の人が全員同じ運勢というのは、さすがに無理があると気付くはずです。

 
それでも多くの人がこの結果を気に留めて、一喜一憂してしまうのは、「この占いは自分に当てはまる」と無意識に信じ込んでいるためです。

占いは「当たる・当たらない」よりも、「いかに信じ込ませることができるか」が大きな鍵(かぎ)になります。

 
結果が不確定な「占い」を提供するにあたって、占い師と利用者の信頼関係は必要不可欠です。

占い師にとっては、占いが外れた時に「たまたま外れた」と思わせるのか、「騙された」と思わせるのかで、自分の評価や今後の仕事量も変わってきます。

占いスキルは「心理学」の応用

占いで大切なのは「相手からの信頼を得ること」ですが、そのためによく使われるのが「当たっていると思わせるトーク術」です。

対象者に「自分のことを的確に言い当てている!」と信じ込ませるもので、最近流行った「メンタリズム」でも同じような手法が使われます。

 
こういったトーク術は、心理学の考え方を応用したものです。以下で詳しく見ていきましょう。

 

YESを導く「バーナム効果」


  • あなたは明るい性格ですが、心配事を隠し持っています
  • クールな一面がありますが、本当は人から信頼されたいと思っています
  • あなたには、活かし切れていない才能がたくさんあります

「まさに自分のことだ!」と思った人はいませんか?

これらは「バーナム効果」を利用したもので、実はほとんど誰にでも当てはまります。バーナム効果とは、どのようなものでしょうか?

バーナム効果って何?

誰にでも当てはまるような曖昧(あいまい)な表現でも、「これって自分のことだ!」と思ってしまう心理作用のことを「バーナム効果」と言います。

バーナム効果が起きやすい条件としては、以下の4点があります。

1.個別に向けられたもの
「あなたたちは~」や「みんなは~」ではなく、「あなたは~」と告げられることで、「自分だけに当てはまる」と信じやすくなります。

2.発信者に権威性がある
医者や大学教授など、権威のある人に言われた言葉は信頼性が増します。

また占い師も、「自分にはない能力を持つ人」ということで権威を感じる人が多いようです。

3.前向きな内容
人は否定されることを嫌うため、ネガティブな内容を告げられると、それを否定する心理が働きます。

逆に前向きな内容であれば、心当たりがなかったとしても「よく考えたら当たっているかも」と考えるようになります。

4.曖昧な表現
「本当は外交的だけど、内気な一面もある」「他の人よりも傷付きやすい」のように、両方の性質を伝えたり、比較の基準が曖昧な表現も、「自分に当てはまる」と思い込みやすくなります。

以上のような条件が揃うと、誰にでも当てはまる占い結果でも、まるで自分のことを指摘されたように思えるのです。

恋愛や仕事にも使える

「相手を信じ込ませる」というと、まるで詐欺師のように聞こえますが、バーナム効果は恋愛や仕事の場面でも使うことができます。

たとえば恋愛では、「あなたは落ち着いて見えるけど、無邪気で可愛らしい一面もあるね」と伝えると、「この人は自分のことを分かってくれる」と好意を持ってもらえます。

 
他にも「クールに見えて、本当は優しい」、「大人しく見えるけど情熱家」といった表現も使えます。

また仕事でも、バーナム効果を利用したセールストークが使えます。

 
たとえば化粧品を扱うお店なら、「季節の変わり目ですが、お肌のことでお困りではないですか?」といった声かけが有効でしょう。

女性であれば、乾燥・ニキビ・小じわ・シミ・たるみなど、何らかの肌トラブルを感じているものです。

 
しかし声を掛けられると、「プロから見ればお見通しなのね!」と、まるで自分の悩みを見抜かれたように感じます。

このようにバーナム効果は、相手から信頼を得て、より良い関係を作りたい時に役立ちます。

 

相手を読み取る「コールド・リーディング」


「メンタリズム」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

相手の考えを言い当てる・行動を予言するなど、手品のようなパフォーマンスでテレビでも多く取り上げられました。

 
こういったパフォーマンスは、「コールド・リーディング」という技法を使ったものです。

「コールド・リーディング」とはどのようなものでしょうか?

コールド・リーディングとは?

「コールド・リーディング」とは、外観の観察や会話の中から情報を引き出し、相手のことを見抜いているように見せかける話術のことです。

バーナム効果と同様に、「この人は自分のことを分かってくれる」と思わせ、自分を信じ込ませることを目的とします。

 
事前情報がない状態から会話を始め、相手に警戒心を持たれないように情報を探るこの話術は、高い技術と経験が必要です。

コールド・リーディングには多くの技法がありますが、代表的な例としては以下のようなものがあります。

1.対象者の協力を引き出す
「はっきりとは見えないのですが…心当たりはありませんか?」

2. 曖昧に尋ねる
「痛いところはないですか?頭とか…背中とか…」

3.二者択一の質問をする
「2枚のカードの内、気になるのはどちらですか?」

4.対象者の反応をさぐる
「こんな経験をしませんでしたか?(相手が驚いたのを見て)私には見えていますよ。」

5.自己幻想をかきたてる
「本当はもっと自分の才能を発揮したいと思っている。違いますか?」

 
これらのテクニックは、会話中の状況に合わせて上手く使い分ける必要があります。

あくまでもスムーズに会話を続け、最後まで「相手を見抜いている」態度を貫くことが大切です。

信頼関係の構築が重要

コールド・リーディングは、占い師や手品師だけでなく、警察官による尋問や催眠療法などにも利用されます。

またバーナム効果と同様に、仕事や恋愛に応用することも可能です。

 
コールド・リーディングの目的は、「言い当てること」ではなく、「相手の特別な存在になること」です。

相手からの信頼を得れば、情報は自然と相手の口から出てきます。

 
特に占いでは、信頼関係が構築できるかどうかで、相談者に与える印象が大きく変わります。

例えば「言われたことが間違っている」と指摘された場合、「将来はそうなります」「自覚症状がないんですね」という逃げ道が王道です。

 
信頼関係が構築できれば「気付かなかった、気を付けよう」と思わせることができても、信頼関係がないと「この占い師はダメだな…」と一瞬で見限られてしまいます。

 

「本当に当たる占い」は少ない


ここまで、占いのカラクリについて見てきました。

先ほど特殊な能力がなくても占いはできると書きました。では、占い師は人を騙して収入を得ているのでしょうか?

霊能者による占い

占い師の中には、特別な能力を用いて占いをしている人(=霊能者)もいます。

霊能者は透視や霊視によって、相談者の過去や未来・オーラ・守護霊などを見ることができます。

 
ではこうした占い師が、バーナム効果やコールド・リーディングを使わないのかというと、そういう訳でもないようです。

霊能力があるとしても、相談者から信頼されることは大切です。

 
自分の占い結果により信頼性を持たせるために、こういったトーク術を使う占い師は多いようです。

「占い師=霊能者」ではない

占い師と言うと「特殊な能力で占ってくれる人」と思いがちですが、全員がそうとは限らないため注意が必要です。

占い師という職業には資格が必要なく、霊能力がない人でも占い師を名乗ることができます。

 
バーナム効果やコールド・リーディングを上手く使えば、誰でも占い師のように振舞うことが可能です。

中には霊能力があるように振舞って、高額な鑑定料金を請求する占い師もいるので注意が必要です。

 
霊能者による本格的な占いを希望する場合は、占いの館など専門的な場所で占ってもらいましょう。

そうした場所に行くのが面倒な場合は、電話占いを利用するのもおすすめです。

 

この記事のまとめ

  • 占いには、心理学を応用したトーク術が使われている
  • 誰にでも当てはまる表現でも、自分のことのように思ってしまう心理作用を「バーナム効果」という
  • 相手の外観や会話から情報を引き出し、相手のことを見抜いているように見せかける話術を「コールド・リーディング」という
  • バーナム効果やコールド・リーディングは、恋愛や仕事でも役に立つ
  • こうしたトーク術を使って、霊能力があるように振舞う占い師もいるため注意が必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です