占いは何を根拠に鑑定しているの?

占い,根拠

星座占いやタロット占い・手相占いなど、占いには色々な種類があります。

自分の誕生日や偶然選んだカード、身体の一部を見せるだけで性格や運勢が分かるのは、ちょっと不思議ですね。

 
占いは何を根拠に鑑定結果を導いているのでしょうか?今回は色々な占い方法を、科学的に分析してみましょう。

占いの「科学的根拠」って?


占いを信じない人の中には、「科学的根拠のないことは信じない!」という人もいます。

そもそも占いの科学的根拠とは、どういったものでしょうか?

科学的根拠とは?

「科学的根拠」とは、ある出来事がどの程度の確率で発生するかを知るための、客観的な基準のことです。

特定の命題についての科学的根拠を知ることは、その情報がどの程度信頼できるかを知ることにつながります。

 
「科学的根拠」は医学の分野でよく使われる言葉で、ある病気に対する治療法について、本当に効果があると示す検証結果や臨床結果のことを指します。

他にも、ある対象について学術的価値を主張したり、サプリメントや健康食品の効果を証明するときも「科学的根拠」という言葉を使います。

当たる占い師・当たらない占い師の違いは?

星座占いやタロット占い・手相占いなど、占いには色々な種類があります。 自分の誕生日や偶然選んだカード、身体の一部を見せるだけで性格や運勢が分かるのは、ちょっと不 ...

占いの科学的根拠は、どうやって調べる?

科学的根拠の有無を考える時は、「普遍性(理論的として通るか)」や「再現性(実証できるか?)」に注目します。

たとえば「ビタミンCは肌を若返らせるか?」という命題の科学的根拠は、次のように考えます。

1.ビタミンCは○○という働きがあるため、理論的には肌が若返るはずだ(普遍性)
2.ビタミンCを摂取したら、実際に肌が若返った(再現性)

このように双方向から命題について検証し、科学的根拠の有無を判断します。

また、この時に使ったデータが適切かどうかを判断するために、「社会的観点(概念の定義、データの収集や測定方法が明らかか)」も重視します。

 
以下では、「論理的か?」「実証できるか?」の観点から、占星術や手相占い・霊能力占いについて、その科学的根拠を探っていきます。

 

占星術の科学的根拠は?


星座占いや誕生日占いは、日本人に最も親しみのある占い方法でしょう。

こういった類の占いは「占星術」と呼ばれます。占星術の科学的根拠について見ていきましょう。

占星術とは?

(西洋)占星術は、「天体の配置によって地上の出来事が変化する」という考え方の占い方法で、その歴史は紀元前にさかのぼります。

統計学と天文学を組み合わせたもので、出生日時をもとにホロスコープ(天体の配置図)を作成し、その人の性格や運勢・未来を予測します。

 
単に「占星術」と表記される場合は「西洋占星術」を指すことが一般的ですが、インド占星術や東洋占星術などもあり、地域によってその占術が少しずつ変わります。

歴史の深い占星術ですが、時代とともに少しずつ変化し、占い師によって独自のアレンジを加えられることもあります。

参考

占星術とは運命の世界

理論的にどうか?

占星術では、「天体はこのような動きをする」という天文学と、「天体がこの位置関係にある時に、このような事象が多く見られる」という統計学の考え方を採用しています。

天体の動きはこれまでの研究で明らかになっていて、誰から見ても疑いようのない事実です。

 
しかし統計学の面からみると、占星術が論理的とは言い切れない面もあります。占星術の占い方法について、もう少し詳しく見ていきましょう。

占星術は太陽や月・火星や水星など、10の惑星にそれぞれ意味を持たせ、それらの位置関係から占い結果を出します。

 
しかしそれぞれの惑星が持つ意味は、いつ・誰が・どのような根拠で付けたのか、明らかになっていません。

電磁波の乱れや潮の満ち引きなど、地球が惑星から何らかの影響を受けていることは確かですが、それが人の性格や運勢にまで影響することは、現在の科学では確認されていません。

実証できるか?

占星術による占い結果は、必ずしも正確であるとは言い切れません。これには2つの理由があります。

1つ目は、占い結果の曖昧(あいまい)さです。占星術の占い結果は、「〇月〇日の何時頃、どこでどんなことが起きる」といった具体的なものではありません。

 
「あなたは明るく、行動力のある人です」「来年は色々と苦労の多い一年です」など、かなり大雑把です。

2つ目は、占星術以外の要因の存在です。

 
1950年代に行われた占星術の研究で、「火星が特定の位置にあるときに生まれた人は、運動が得意な傾向にあり、実際に多くのスポーツ選手がこれに該当する」というものがありました。

一見すると信頼できそうな研究ですが、「同じ条件で生まれた人が、全員運動が得意とは限らない」という理由から、この研究は信頼性が低いと判断されました。

 
たとえ占星術で、ある程度正確に人の特性を言い当てられるとしても、人の性格や特性は周囲の環境に影響され、変化することが多くあります。

「この日に生まれた人は絶対にこうなる」といった断定はできず、占星術の再現性は低いと言えます。

 

手相占いの科学的根拠は?


「手のひらにこの線が入っている人は、将来お金持ちになります」、「この線がある人は浮気性です」といった言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。

手相占いは気軽に楽しめる占いの一つです。手相占いの科学的根拠は、どうなっているのでしょうか?

手相占いとは?

手相占いは手の形やシワの入り方に着目し、その人の性格や未来・運命などを予測する占い方法です。

古代インド発祥と言われており、占星術と同様に、西洋手相術・東洋手相術など複数の流派があります。

 
持って生まれた運命や性質は左手、将来のことは右手を見て占うことが一般的です。

手のシワや形は、「親からの遺伝で変化しにくい要素」と「精神的な活動や生活スタイルによって変化する要素」があります。

 
手相占いは統計データを用いた占いですが、医学的に説明できる一面もあります。

参考

手相占いの基本7大線の見方簡単な手相の見方を伝授します

理論的にどうか?

手相占いは論理的に見ると、ある程度は信頼できると言えるでしょう。

顔つきや体型など、性格や生活習慣に合わせて体が変化するように、手相も少しずつ変化しています。

 
手のひらの真ん中を通る「生命線」は、その太さから生命力を判断しますが、この生命線の刻まれ方も生活習慣によって異なります。

生命線が太く刻まれるには親指付け根の筋肉が隆起している必要があり、そのためには手の筋肉をしっかり使っている必要があります。

 
生命線の太さは、筋肉を使っている、つまり体力や生命力が溢れていることを直接表します。

左右の手で手相が違うのは、右脳と左脳が異なる働きをしているためで、これは医学的に認められている事実です。

 
人の思想がどのようなメカニズムで手にしわを作るかまでは解明されていませんが、この点に関しては膨大なデータからの分析結果がカバーできます。

実証できるか?

手相占いも占星術と同じく、その結果が必ずしも正確であるとは言い切れません。

これまでに手相占いの再現性が認められるような研究報告はされておらず、手相を科学的に研究している団体も、日本においては確認できません。

 
手相は生活スタイルや思考が変化した後から変わり始めるため、手相から分かるのは「過去~現在の自分」もしくは「現状維持した場合の未来」でしょう。

占星術のような曖昧さはないものの、遠い未来のことに関しては正確に予測できないはずです。

 
手相から未来を予想して後追い調査をしても、その時に手相が変わっている可能性が高いため、そういった検証も難しいと考えられます。

実は誰にでも当てはまる?占いのカラクリとは!

星座占いやタロット占い・手相占いなど、占いには色々な種類があります。 自分の誕生日や偶然選んだカード、身体の一部を見せるだけで性格や運勢が分かるのは、ちょっと不 ...

 

霊能力占いの科学的根拠は?


「あなたのオーラは何色です」、「あなたの守護霊は○○です」など、一般の人には見えないものを感じ取る占いは、霊能力を使った占いです。

ほとんどの人には理解できない現象で、この類の占いは信じない!という人も多いでしょう。

 
霊能力を使った占いに、科学的な根拠はあるのでしょうか?

霊能力占いとは?

厳密には「霊能力占い」という占術はありませんが、霊能力を使った占いを総称してこのように呼びます。

霊能力には、以下のようなものがあります。

  • 霊視:霊や神仏をみる
  • 霊聴:霊や神仏の声を聴く
  • 千里眼:遠くの人や物を見る
  • テレパシー:相手が考え、感じていることを見抜く

このような能力を占いに利用することで、相談者の運勢を予言したり、トラブル解決のために助言をします。

占星術やタロット占いなど、本来霊能力が必要ない占い方法に霊能力を用いることもあり、そうすることで、よりその人に合った占い結果を伝えることができます。

理論的にどうか?

霊能力に関しては、理論的にはほとんど解明されていません。

「理論的に説明できない能力」は、霊能力の定義でもあるため、これは当然と言えば当然です。

 
「霊能力ではどのような力が働いているのか?」という議題だけでなく、「どのような人が」「どのような条件で」霊能力が使えるのか?など、明らかになっていないことは多く、積極的に研究が進められています。

実証できるか?

霊能力に関する実験はこれまでに数多く実施されており、一定の成果を上げています。

特にテレパシーや千里眼の実験は、霊能力のない人にとっても結果が分かりやすいため、数多くの実験が行われてきました。

 
離れた場所にいる人が紙に書いた文字を言い当てる、未来の出来事を予言する、行方不明の人物を探すなどの実験は成功事例が多くあります。

そのためテレパシーや千里眼に関しては、ある程度の再現性が認められています。

 
一方で霊視や霊聴は、その能力がない人にとっては実験の成否が判断できない場合が多くあり、研究者の見解にもばらつきがあります。

そのため霊能力全体としては、必ずしも「再現性が高い」とは言い切れません。

 
以上、占いの科学的根拠について見てきました。占い方法ごとの検証結果は、以下の通りです。

普遍性
(理論的にどうか?)
再現性
(再現できるか?)
信頼性
占星術
手相占い 低~中
霊能力占い 中~高

どの占いも、理論的にはその原理を説明することが難しいようです。しかし再現性に関して言うと、霊能力占いだけはある程度は実証可能といえます。

 
科学的根拠の観点から比較すると、意外にも占星術や手相占いよりも、霊能力占いの方が信頼性が高いと分かります。

とはいえ、どんな占いも100%信頼できるものではありませんので、占い結果にこだわり過ぎないことが大切です。

 

この記事のまとめ

  • 占いの種類によって、その科学的根拠や信頼性が異なる
  • 占星術は論理的な証明が難しく、再現性も曖昧である
  • 手相占いは、ある程度論理的な説明がつくものの、未来の予言には向かない
  • 霊能力占いは、論理的には説明できないが、多くの実験で結果を残しており再現性が高い
  • 占いは100%信頼できるものではないため、結果にこだわりすぎないことが大切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です