別れた彼と復縁!無事に結婚までたどり着くには?

復縁した相手と結婚

一度は別れたけれど、どうしても元カレが忘れられない…。

そんな思いから、元カレと復縁したいという方は、意外と多いのではないでしょうか。

 
しかし復縁したその先に、結婚という未来はあるのかという不安もあります。

別れた彼と復縁した場合、無事結婚にたどり着けるのかは、どのように見極めればいいのでしょうか?

元カレと復縁・結婚できる?

元カレ,結婚

元カレと復縁して結婚までつなげるためには、まずよりを戻さなくてはいけません。

一度別れてしまったカップルは、どれくらいの割合で復縁して結婚までたどり着いているのでしょうか?

別れたカップルが復縁・結婚できる確率は?

あるアンケートでは、一度別れた恋人との復縁について、半数以上の女性が「あり」と答えています。

しかし、実際に復縁した経験がある女性はわずか23%にとどまり、実際に復縁に至るカップルは少ないことが分かりました。

 
その中から結婚まで至るカップルとなるとさらに少なくなり、復縁したカップルの中でも1~3割程度です。

復縁というハードルを乗り越え、さらに結婚に至るまではかなり困難な道のりになりそうです。

一度別れた人とは結婚しても上手くいかない?

一度別れた相手と復縁して結婚に至るまでは、別れた理由と復縁する理由が重要なポイントになります。

たとえば、付き合っている期間が長いカップルは別れた後の寂しさが大きく、復縁する場合が多いです。

 
しかし、寂しいからという理由で復縁しても、別れた理由が根本的に解決していなければ、結局同じことの繰り返しになってしまいます。

もしも性格の不一致などの理由が別れた原因なら、その原因が解決していな限り、復縁しても上手くいかないことが多いでしょう。

 
もしも結婚までこぎつけたとしても、いつか離婚する可能性が高くなります。

そのため復縁を成功させて結婚につなげるには、別れた理由をしっかり見極め、原因を解消することが大切です。

 

復縁した彼との結婚、どれくらいの期間が一般的?

復縁,結婚,期間

復縁した彼と結婚したカップルは、どれくらいの期間でゴールしているのでしょうか。復縁したカップルたちの結婚について調べてみました。

復縁から結婚までの期間、どれくらいが普通?

復縁から結婚までの期間は、カップルの年齢やそれまでの状況によって様々です。

付き合っている期間が長いほど、復縁から結婚までの期間は短い傾向にあります。

 
復縁から結婚まで半年~2年ほどのカップルが多く、5、6年のような長期間になることは少ないようです。

これってアリ?復縁後すぐの結婚

復縁後すぐにプロポーズを受けて、そのまま結婚に至るというケースもあります。

特に自分が別れを切り出した側の場合、振られた側の男性が「もう相手を逃がしたくない!」と、早めに結婚までこぎつけるケースが多いようです。

 
復縁後すぐは、お互いに気持ちが盛り上がっているため、そのままの勢いで結婚してしまう事もあるでしょう。

しかし勢いで結婚を進めてしまうと、あとから後悔することもあります。

 
別れた原因がきちんと解決しているのか、自分で納得いくまで確認するのが大切です。

復縁から結婚までの期間が短いカップルの特徴は?

復縁から結婚までの期間が短いカップルには、いくつかの共通点があります。

まず、別れる前に長く付き合っていたカップルは、復縁してから結婚までの期間が短いことが多いです。

 
これまで長く付き合っていたことでお互いのことをよく知り尽くしているため、復縁後の関係がより深くなるからです。

別れた原因さえ解決していれば、付き合いの長いカップルは復縁後すぐ結婚しても、うまくいくことが多いでしょう。

 
また、年齢が高いカップルも、復縁から結婚までが早い傾向にあります。

年齢的な問題から、「この相手を逃したらまた結婚相手を探すのが難しい」と考える人が多いためです。

 
復縁した相手なら、お互いにこれまでを知っているという安心感があります。

再び破局してしまう前に、早いうちに結婚したいと考えるカップルは多いです。

 

復縁から結婚へ、気を付けたい3つのポイントは?

復縁,結婚,ポイント

復縁からの結婚を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

復縁したカップルが結婚を成就させるための、3つのポイントをご紹介します。

結婚を急かさない

一度別れた相手に、結婚をせかすのは禁物です。一度破局したことで、相手も慎重になっています。

「この相手と結婚しても大丈夫か?」と、じっくりと見極めている状態です。

 
もしも相手が結婚を意識できないうちにせかしてしまうと「やっぱり合わない」と思われて、最悪の場合破局を迎える可能性もあります。

結婚を意識しているからこそ、しっかり相手が結婚にむけて前向きになるのを待ちましょう。

相手を思いやる気持ちを大切に

復縁したカップルは、「いつか別れてしまうのではないか」、「このまま結婚できないのではないか」と疑心暗鬼になってしまいがちです。

しかし相手を束縛したり、干渉しすぎると結婚は遠のきます。復縁したら相手を否定せず、信頼関係を築くことを考えましょう。

 
結婚すれば相手と一緒にいる時間も増えてきます。結婚に至るまでは、相手のことを第一に考え、気遣いをすることが大切です。

こんな人とは結婚しない方が良いかも?

復縁した相手と結婚するためには、本当に結婚していい相手かどうか見極めるのも大切です。

 
特に、寂しくて復縁した場合というは要注意です。

一人でいる時間に耐えられなくて、つい相手と復縁してしまっても、愛情をもって復縁したわけではないからです。

注意
寂しさが原因で復縁したカップルは、万が一結婚したとしても、愛情が次第に薄れ、離婚や不倫につながるケースが多いです。

また、価値観のずれによって些細なことで喧嘩をするような相手とも、結婚するのはおすすめできません。

お互いに話し合って歩み寄ることをせず、喧嘩を繰り返していては、結婚後も喧嘩が絶えない荒んだ家庭になってしまうからです。

しかし清潔感や金銭感覚などの違いは、話し合いをしてもなかなか解消できない問題です。

 
どうしても受け入れられない価値観の違いがある場合は、結婚しない方がいいでしょう。

復縁からの結婚を成功させるためには、ある程度の妥協も必要です。

 
復縁した相手と結婚したいなら、結婚までの期間で相手をよく見極めることが大切です。相手は、一度何らかの理由で別れている相手です。

その相手と復縁し、結婚まで至るというのは、よほど相手と結婚したい理由がなくては上手くいきません。

 
復縁したら、相手の長所と短所、お互いの価値観や感覚の違いをしっかり見極めて下さい。

その上で、本当に納得して結婚したいと思えたら、きっと復縁からの結婚も上手くいくはずです。

 

この記事のまとめ

  • 復縁した相手と結婚に至るまでのカップルは少ない
  • 復縁から結婚に至るまでの期間は、それまで付き合った期間が長いほど短い
  • 寂しさが理由で復縁した場合、結婚しても上手くいかないことが多い
  • 復縁しても喧嘩が多いカップルは、結婚後も喧嘩が絶えない可能性がある
  • 金銭感覚や清潔感の違いはなかなか埋めづらく、妥協が難しい
  • 復縁からの結婚を成功させるためには、相手を見極めることが大切