【仕事に行きたくない!】職場の人間関係がストレスなら?

職場の人間関係,ストレス

仕事に行きたくないと感じる理由の中でも、職場の人間関係がストレスというのはよくある理由です。

人間関係のストレスが溜まり続け、転職すら考える人もいるでしょう。

 
仕事を円満に続けるために、職場の人間関係でストレスを感じる時の対処法をまとめました。

人間関係が原因で、仕事を辞めるってアリ?

職場,人間関係

「たかが人間関係で…」と思われるかもしれませんが、職場で働く上で人間関係の悩みを抱えている人は非常に多いです。

人間関係が理由で仕事を辞めるというケースも、実は意外と多くあります。

人間関係が原因の転職は、意外と多い?

転職サイトでおなじみのリクナビが調査した「退職理由の本音ランキング」では、人間関係に関する不満が上位に集中しました。

上司や先輩だけでなく、同僚や後輩と上手くいかずに転職を考える人も多くいることが分かります。

 
しかし実際に転職するとなれば、「人間関係が原因で」という理由が使われることはほとんどありません。

円満退社を考えて、「家庭の事情」や「キャリアアップのため」という建前を使う人が多いため、こういった本音が聞かれることは少ないようです。

参考

転職理由と退職理由の本音ランキングBest10リクナビNEXT

職場での人間関係のトラブル、多いのは?

会社には様々な立場の人が集まるため、人間関係のトラブルも様々です。

その中でも特に多いのは、上司からのパワハラや周囲からのいじめなどです。

 
また部署内のチームワークが悪かったり、周りから孤立してしまうというケースもよくあります。

ワンマン社長やお局様など、突出して権力を持つ人が近くにいると、人間関係が上手くいかなくなる傾向にあります。

 
また、女性の多い職場は働きにくいと感じる人もいるようです。

男性だけでなく、女性同士ならではの人間関係に疲れてしまう女性社員も多く、そのストレスから転職を考える人も多くいます。

転職すれば問題が解決するとも限らない

今の職場の人間関係が良くないと事前に分かっていれば、きっと入社しなかったはずですよね。

職場の人間関係というのは、その中に入ってみないと分からないものです。

 
つまり転職したからと言って、必ずしも今の問題が解決するとは言い切れないのです。

今の環境にどうしても耐えられないのであれば、転職も視野に入れるべきですが、一時的な衝動であれば、転職がリスクになることも考えられます。

 
転職活動はかなり大変でストレスにもなりますし、一度転職してしまうと、合わなかったからと言ってまたすぐに転職するのは難しいです。

まずは、今の会社でなんとか人間関係を改善できないか努力した上で、慎重に転職を検討しましょう。

 

職場でのストレス、こんな時は要注意!

職場のストレス,要注意

職場でストレスを感じていると、心身に悪影響を及ぼし、さまざまな症状が出てくることがあります。詳しく見ていきましょう。

こんな症状は、ストレスが原因?

ストレスを感じ続けていると、心と体に不調を及ぼします。体の不調で代表的なのが、頭痛や肩こり、全身の倦怠感などです。

その他にも「何となく疲れが取れない」「いつも体調がすぐれない気がする」なども要注意です。

 
よくある症状だけについ我慢してしまいがちですが、体には気付かないうちに多大なストレスで負担がかかっている証拠です。

また体の不調だけでなく、「イライラが収まらない」「集中力が低下してきた」などの心の不調もストレスが原因の可能性があります。

 
ちょっとした不調でも我慢せず、こまめにリフレッシュすることが大切です。

無理をするとこんな事態になるかも

心身に不調が出始めたら、ストレスで無理をしているサインです。

そのままの状態で我慢していると、やがてメンタル面に支障をきたして、うつ病などに発展してしまうこともあります。

 
症状が悪化すると会社に来られなくなったり、最悪の場合は自殺の原因になる場合もあります。

取り返しのつかなくなる状態になる前に、自分の心身からのサインを見逃さず、適切な治療を受けることが大切です。

 
自分一人で抱え込まず、信頼できる医師の診断を受けましょう。症状を改善させるためには、ストレス元から離れることも必要です。

どうしても職場の状況が改善しない場合は、転職も検討するのも一つの手です。

 

人間関係が悪い職場、転職以外の対処法は?

職場の人間関係,対処法

人間関係が上手くいかない職場でも、すぐに転職するのが難しい場合もあります。

転職以外に人間関係を改善させる対処法を集めました。

まずは自分が変わってみる

人間関係が上手くいかない時は、相手とのコミュニケーションに問題がある場合が多いです。

しかし、自分と合わないからと言って相手を変えるというのは非常に難しく、それがかえってストレスになる場合もあります。

 
そんな時は、まず自分の言動や考え方を変えるようにしてみましょう。

特に、相手の言動に影響されやすい人や、自分に自信がない人は、ポジティブに考え方を変えることで職場でのストレスが軽減することもあります。

 
あまり周囲の言動に振り回されないように、少しずつ自分の考え方を変えるのもおすすめです。

「少し離れた人」に相談してみる

ストレスを1人で抱え込みすぎるのは良いことではありません。

しかし、会社の人間関係における悩みを打ち明ける相手を見つけるのは、難しいものです。

 
仲の良い同僚に話すのは、愚痴を聞いてもらう分にはいいですが、問題解決にはあまり役立ちません。

ストレスの原因を解決したいなら、他の部署の上司や人事部の人など、少し離れた人に相談してみましょう。

 
現在置かれている状況を客観的に見てくれる相手に相談すれば、人間関係の悩みがスムーズに解決するかもしれません。

「周りに合わせる」をやめてみる

上司や同僚の顔色をついうかがってしまう人は、思い切って周りに合わせるのをやめてみるのも一つの手段です。

周囲を気にしすぎとしまうと、上手く周りとの距離が取れなくなってしまいます。

 
ストレスなく働くためには、自分が最も楽に感じる距離感で人と接することが大切です。

もちろん、社会人として最低限の礼儀や気遣いは求められますが、必要以上に周りに合わせることは良いことではありません。

 
時には断る勇気を持って、自分らしさを大切にするのが、複雑な人間関係の中で上手くやっていく鍵となります。

この記事のまとめ

  • 職場の人間関係のストレスで転職を考える人は意外と多い
  • 会社には様々な考え方の人が集まるため、パワハラ、いじめなど人間関係の問題が起きやすい
  • 転職したからと言って、人間関係のトラブルが全くなくなる訳ではない
  • ストレスが原因で心身に影響が出た場合、無理せず早めに医師の診断を受けるのが大切
  • 職場環境のストレスを減らすためには、自分自身の考え方を変えるのも役立つ
  • 人間関係の問題は、身近な同僚よりも少し離れた立場の人に相談するのが良い