【人間関係に疲れた】人付き合いが苦手な人の特徴と対処法

人間関係,対処法

人付き合いがなかなか上手くいかず、ストレスを感じる日々を送っていませんか?

人付き合いが苦手で、人間関係に疲れたという悩みを持っている人は、思った以上にたくさんいます。

 
人付き合いが苦手な人の特徴や、人間関係に疲れた時の対処法をご紹介します。

人間関係に疲れやすい人の特徴は?

人間関係に疲れやすい人,特徴

人間関係に疲れやすい人には、いくつかの特徴がみられます。

自分がどのタイプに当てはまるかを知ることで、人間関係を円滑にするのに役立ちます。

その1:自分を良く見せようとする

自分に自信がなく、周囲の目を気にしてしまう人は、自分をよく見せようとしがちです。

相手によく思われようと常に気を張っているため、気疲れしてしまう傾向にあります。

 
本来の姿を見せて相手にがっかりされてしまうのが怖いので、なかなか本心を明かせません。

このタイプの人は、他人からの評価に振り回されることが多く、自分をよく見せようとすることで自尊心を保っています。

 
そのため、自分らしさを隠して人付き合いするようになり、次第に人間関係が苦痛になってしまうのです。

【仕事に行きたくない!】職場の人間関係がストレスなら?

仕事に行きたくないと感じる理由の中でも、職場の人間関係がストレスというのはよくある理由です。 人間関係のストレスが溜まり続け、転職すら考える人もいるでしょう。 ...

その2:相手を尊重しすぎてしまう

周囲を気遣って相手を尊重しすぎる人も、人間関係にストレスを感じやすいです。

「空気が読める人」「気遣いができる人」であることを優先しすぎると、自分の気持ちは後回しになってしまいます。

 
周りの人を優先して自分の意思を無意識に押し込めてしまうため、人といると気疲れしてしまうのです。

協調性や思いやりも大切ですが、相手のことを気にして自分が消耗してしまうと、人間関係に悪影響を及ぼします。

その3:人の言動を気にしすぎる

人の言動をいちいち深読みして気にしてしまう人は、思い込みによって人間関係につかれることが多いです。

相手の言葉や行動に対してネガティブに考えてしまい、相手にその意図がなくても勝手に怒ったり傷ついたりします。

 
このタイプの人は「もしかして嫌われているのではないか?」と勝手に思い込んで自ら人間関係を終わらせようとしたり、感情的になって相手との関係をこじらせてしまうことも多いです。

 

「人付き合いが苦手」を克服する方法は?

人付き合い,克服

様々な理由で人付き合いが苦手な人でも、必ずそれを克服する方法があります。

人付き合いに対する苦手意識を改善するには時間がかかりますが、少しずつ克服していきましょう。

自分に自信を持つ

人付き合いを克服する第一歩は、自分に自信を持つことです。

人付き合いが苦手な人は、自分に自信がないため、自分らしく振舞うことを避けようとしがちです。

 
しかし本来の自分を隠して人と接するのは、とても苦痛な事です。

そのため、まずはコミュニケーションスキルより、自己肯定感を高めていくのがおすすめです。

 
自分に自信を持ち、本来の自分を見せられるようにすれば、自然と人付き合いに対するストレスも解消されていくはずです。

自分にも他人にも寛容になる

人間関係の基本は、自分と他人は異なる価値観を持っていると理解することです。

他人の言動を気にしてストレスを感じやすい人は「この人はこういう人なんだ」「世の中にはこんな人もいるんだな」と、あまり重く受け止めすぎないようにしましょう。

 
相手の言動を自分の価値観に重ね合わせてしまうと、どうしても納得できない部分が生じます。

思い込みが激しくなると、相手の言動に振り回されて自分自身を苦しめるだけです。自分にも他人にも寛容になると、人付き合いは楽になります。

 
他人の言動はある程度適当に受け流せるように、余裕をもって接するのがおすすめです。

少し図々しいくらいが丁度いい

他人に気を遣いすぎて疲れてしまう人は、なんでも他人に合わせるのではなく、自分のペースで付き合うと人間関係が楽になります。

時には少し図々しいくらいでも大丈夫です。

 
常に他人に気を遣っていると、気遣いをしないことで相手から反感を買うのが怖くなります。

しかし自分のペースを守った人付き合いをしていれば、相手からの印象をいちいち気にしなくて済むようになります。

 
人間関係を円滑にする上で、自分が今優先すべきことを考えてみましょう。

自分の感情を優先するのか、相手を気遣うことを優先するのか、それは時と場合によって変わります。

 
まずは自分のことを第一に考えた上で、気になったことがあれば相手を気遣う程度で丁度いいのです。

 

人間関係に疲れた時に気を付けたいことは?

人間関係,注意点

人間関係に疲れたときは、無理をすると余計ストレスが溜まってしまいます。人間関係に疲れた時に気を付けたいポイントをご紹介します。

行きたくない場所に行かない

自分の行きたくない場所に行くのは、非常にストレスが溜まります。

行きたくないのに断りづらくて参加したり、人付き合いが苦手なのを克服するために無理をして人と会ったりするのは、より人間関係に苦手意識を生じさせるだけです。

 
「みんなも行くから」「断ると迷惑がかかる」「頑張って人に合わせないと」など、無理やり自分の気持ちを押し殺していきたくない場所に行っても、疲れてしまいます。

断る勇気を持つのも時には大切です。

一度は行ってみたい、恋愛成就のパワースポットはここ!

貴方はパワースポットに行ったことがありますか? ちょっとした旅行感覚で行くのもいいのですが、どうせ行くなら明確な目的意識を持って場所を選びたいものです。 &nb ...

気が乗らない誘いを受けない

人付き合いが苦手な人にありがちなのが、気が乗らない誘いをその場で断りづらくてつい約束してしまい、直前にキャンセルするというケースです。

一回ならまだ良いものの、何度もそれを繰り返していると、相手も不快な気持ちになります。

 
とはいえ、気が乗らない誘いを毎回受けていては、自分の体が持ちません。

気が乗らない誘いは、誘われた時点で上手に断りましょう。

 
合わない相手や行きたくない場所に無理に関わるより、嫌な誘いを断れるようになる方が、コミュニケーションスキルとして役立ちます。

相手のことを気遣うより、自分が気乗りするかしないかで判断しましょう。

リフレッシュも大切

人間関係に疲れたときは、一人の時間を作ってリフレッシュするのが一番です。

学校や職場など、私たちは常に様々な人間関係にさらされています。疲れたときは無理に周りに合わせる必要はありません。

 
自分が一番楽しいことをして、好きなことに打ち込んだり、一人の時間を満喫しましょう。

自分ではそれほどストレスに感じていなくても、一人の時間が少ないとだんだん疲弊してしまいます。

 
定期的に自分の時間を持つようにして、心身ともにリフレッシュするようにしましょう。

この記事のまとめ

  • 自分に自信がない人、他人を気にしずぎる人は、人間関係に疲れやすい
  • 人付き合いを克服するには、自分に自信を持ち、相手に振り回されないことが大切
  • 相手を気遣い過ぎず、時には図々しくなることも必要
  • 人間関係に疲れた時には、行きたくない場所に無理に行かないようにする
  • 気乗りしない誘いはできるだけ断ることも大切
  • 定期的に一人の時間を作ってリフレッシュする